無収入の専業主婦がキャッシングするには

申込者の年収の3分の1を超える借り入れを制限する総量規制が2010年に施行されてから、貸金業法に則ってサービスを提供している消費者金融審査甘いのキャッシングなどでは、徐々に専業主婦への借り入れを制限していき、とうとう現在では申込は不可となってしまいました。専業主婦は自分自身に安定した収入がなく、無週ぬ湯なので、総量規制に抵触してしまうためにこうなってしまったのですが、家計の管理を行っている専業主婦がいざという時にお金を調達する手段を持たないことは、一般家計にとって大きなマイナスであると言っても過言ではありません。
しかし専業主婦でも申込可能なフリーローンがすべてなくなってしまったわけではなく、貸金業法と関係がない、銀行のカードローンであれば、契約可能となっています。
銀行のカードローンは貸金業法ではなく銀行法に則ってサービスを提供しているので、各銀行が審査の結果融資可能と判断すれば無週ぬ湯者でも契約できるのです。

専業主婦でも申し込みが可能となっている具体的なキャッシングサービスですが、三菱東京UFJ銀行のバンクイックや楽天銀行のカードローン、イオン銀行のカードローンBIGなどが具体的なサービスとして挙げられます。

なお楽天銀行カードローンやイオン銀行カードローンBIGの場合は配偶者のものも含めて収入証明書の提出は不要となっているので、家族に知られずにキャッシング契約をしたいという人にもおすすめができます。