未分類

消費者金融・銀行・クレジットカードの違いとは

カードローンを利用したことない初心者は消費者金融・銀行・クレジットカードにどのような違いがあるのか把握して自分に合っているものを選べるようにしておきましょう。
消費者金融の特徴としては、金利が高い代わりに審査が通りやすくなっており、急ぎでお金が必要なときに利用しやすいです。限度額の上限は高いものがありますが、総量規制の対象になるため、実際には年収の3分の1までの金額が上限になります。
銀行の特徴としては、金利が低い代わりに審査が厳しくなっています。総量規制の対象にならないため、高額の借り入れをしたい場合に適しています。また、収入がなくても利用できるものもありますが、これは限度額が低く、金利は高めになります。
クレジットカードの特徴としては、ショッピング枠とカードローン枠の2つがあります。ショッピング枠は買い物で利用した代金を後で支払うものなので実質的には借金と言えますが、一括払いや分割で2回までの場合などは金利がかかりません。また、ショッピング枠は総量規制の対象にはなりません。カードローン枠はお金を借りるときに使用するもので、総量規制の対象になります。金利は消費者金融と同程度ですが、限度額の上限は少なめになります。買い物用のクレジットカードにとりあえず付けておくことも多く、初心者向けと言えます。クレジットカードでカードローンする場合の注意点として、限度額がショッピング枠と共有になっていることが多く、買い物で利用しすぎているとお金を借りる枠がなくなります。
http://cardloan-change8.com/